« January 2008 | Main | March 2008 »

February 29, 2008

チョコの入院

檻の中のチョコ 

今日は先生が迎えに来てくださった。ベルの音でもう大変。朝からご飯をもらっていないチョコは何か異常を察していたのかもしれない。

チョコをだいて玄関の扉を開けた。

キャンディとちがってお医者さんを毛嫌いしているチョコだから、オリに入ったらろくなことはないともう察知?

明日帰ってこれる一泊だけのがまんよ。

具合が悪いのはたぶん歯だろうということで、診てもらうのです。

| | Comments (0)

February 26, 2008

にゃん にゃん にゃんの日

2月22日 にゃん にゃん にゃんの日なら我が家ではさだめしチョコの日かな?遅ればせながら今日、2月22日に写した写真を加工した。

いい写真はないけれど、写真だけはたくさん写していたから、今からでも記念のページを作っておこうと思う。

チョコの食事に関しては、今日も悲鳴をあげるようなことがあった。

吐いてしまう困ったチョコ。ほんとうにいちばんがっかりする。

余程ひどい病気が潜んでいるのではないかと心配になるが、チョコの元気な姿を見るとこりゃなんじゃ?という気にもなる。

年をとったと感じるときと、何という若いチョコなの?と思うときと両方が混在。

| | Comments (0)

February 14, 2008

脱走とその後

「チョコがいないよ」と言われるまで私は気付きませんでした。

ガラス戸を開けて出て行ったらしいのです。チョコに開けられるような閉め方の私が悪かったのでしょうね。でも庭に向かって、「チョコご飯よ、おいで!」と言ったら、チョコはすぐに姿を現しました。別宅に直行していた頃のチョコからは信じがたい素直な姿勢。チョコには朝の缶詰の半分をあげましたが、口をつけようとはしません。おなかは満腹。だけど行き場のなくなったチョコ。しばらくもう少し外にいたかった、と言うそぶりを示しましたが、そのうち、Tさんのいすでお昼寝の姿勢。ちょっかいを出しながら何枚か写真を写しまたが、やっぱりチョコは眠たそうでした。

チョコのこの頃

10日くらい前はとても調子が悪かったチョコです・・・。

食べたものは戻すし、目やには出るし・・・。お医者様に電話をしましたが、ドライフードを缶詰に変えてみたら、と言われたので買い出しから始めました。

でもあまりうまくいかなくて、でも缶詰でもがつがつ食べるともどします。

やはり一度に与える量を気にしないといけません。でも今日あたり、気分はよさそうです。

| | Comments (0)

February 03, 2008

あきれたチョコ

チョコがTさんが腕を組んでいると、その上にのって動こうとしないのだそうだ。

変な子。Tさんは重たくてかなわないらしい。でもチョコったら・・・。

写真が終わると、チョコはもう長居をすることは出来なかったのです。

こちらは真夜中の写真。どうもしまりのないのは舌出しチョコだから?

この写真はTさんの腕の中。

| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »