« September 2007 | Main | November 2007 »

October 31, 2007

チョコが我が家の一員に

チョコが我が家にやってきたのは 

1994年9月24日

かわいい子猫を想像して子猫を引き取りに出かけた私たち夫婦。私は初めてあったとき、え?とびっくり!

キャンディの当惑した顔がなつかしい!おかきはすたこらさっさと逃げてしまい、キャンディがお相手をしました。キャンディが家にやってきたときは、おかきに相手してもらえなくてかわいそうでした。

キャンディのしっぽにじゃれて、チョコは我が家にやってきた初日から、どっぷりここの生活になじんだようです。

| | Comments (0)

October 28, 2007

チョコのひなたぼっこ

ひなたぼっこ

チョコは、ちゃんとお留守番が出来ました。

何事もなく無事で良かったとほっとしました。 

今日、チョコはとても気持ちがよさそうにしていました。

2日間雨が降り続いて、同じ家の中でも、憂鬱だったのでは?

わかりませんが・・・。

片方の耳がめくれています。↑

舌をだしながら、チョコは顔を必死にこすっています。

舌をだして・・・ほんとにおかしなチョコですね。

| | Comments (2)

October 21, 2007

チョコの写真 1997年2月20日撮影 

チョコはこの頃まだ2歳半を過ぎた頃です。若者ですね。どこかあどけなさが残っています。

2007年10月21日撮影  今朝写した写真です↓

チョコは13歳を過ぎています。

いつまでも私たちにとって末っ子のチョコですが、年はとっていますね。

甘え上手のチョコ。つい私たちの顔がほころびます。

私はこの頃チョコを「おちょこ」と呼びます。そして「かわいいね!」と付け加えるのです。

チョコも私たちもしあわせ気分ななりますよ。

| | Comments (0)

October 20, 2007

1997年1月2日のねこたち

昨日の上に載せた写真の続き

キャンディとチョコはのんびりムードでいます。お正月気分、ねこたちにもわかるかな?

実は昨日のキャンディの写真の前にキャンディはおかきにいた場所を追い出されていたのです。写真の後ろに日付とか移した順序がわかるようになっていました。

それで、このとき何が起こったのか分かります。

昨日載せた写真の前に写していました

(No.14)ねそべっているきゃんでぃのところにやってきたおかき キャンディはおかきにも何度か場所をとられていたのでしょうね。(キャンディとチョコ・場所取り

(No.15)ここは自分の場所だよと言っているようなおかきです。こんなに図々しそうに見えるおかきですが、実はキャンディやチョコに居場所を明け渡すことになるのです。

| | Comments (0)

October 19, 2007

キャンディのしっぽ

キャンディのこの頃(97/1/2)は病気をしたあとですが、すっかり元気そうに見えます。

石の出来る体質で、尿が出にくくなると大変でした。そのためいつも特別食。この食事がキャンディは気に入らなかったのです。今チョコが美味しい食事に切り替えて食欲旺盛、何度でも食事を要求します。チョコの場合は吐いてしまうので、一度にたくさんは食べさせることが出来ません。

下の写真はもっとしっぽがながかった。(07/9/29)昔の写真(キャンディとおかき)から。

キャンディのしっぽが短くなったのは、私がドアをしめたとき、キャンディのしっぽが切れてしまったのです。ぎゃっ!とすごい声を出したと思うけど、何事もなくしっぽが幾分短くなっただけですみました。

| | Comments (0)

October 18, 2007

思い出の写真 チョコ

チョコが我が家にやってきた! 

1994年9がつの初め、ウイーンから帰ってきたら、留守中にねこをもらってもらえないかと打診の電話があったと次女が告げた。2匹飼っているのにことわらなかった娘とまた悪のりしてしまった夫婦。何でもちびのくせに野良猫のガキ大将とか・・・。餌をあげている方のお嫁さんが私の知人。かわいい!という言葉に釣られて、片道約1時間の道を夫婦で迎えに行った。最初の印象は、え?この子がかわいいの?

でもつきあっていると、みかけでないかわいさがよくわかるようになった。チョコはよく屋根に乗っておりられなくなり、うるさくないた。

そのときの写真をスキャンしたら、下のようなひどい写真に・・・。

チョコが我が家にやってきたのは2ヶ月くらいたってから。いつの間にか屋根に上り、昼となく夜となく、屋根からおりることの出来ないチョコは助けを求めた。

2001年チョコの脱出(この頃はチョコもキャンディ同様家猫になっていた)久しぶりの屋根の上でのチョコは何を思ったかな?

あまりにひどい写真だからスキャナが壊れたかと思ったが、下の写真はそのままのできあがり。傍若無人、甘え上手は天性のもの?このかわいさ故に生まれた土地から離れた我が家の一員となることが出来たと思う。

今は写真が見つからないのだが、チョコはキャンディの立派なしっぽにじゃれて遊んだものだ。小さい頃、キャンディに世話になった分、毛繕いも出来なくなったキャンディの世話をしてくれた。おかきがキャンディを受け入れなかったが、キャンディはちゃんとチョコを仲間にしてくれた。

| | Comments (0)

October 16, 2007

思い出の写真

おかきのアルバム

一番小さいときから飼ったのがおかきです。家の前のゴミ集積所に段ボールに入れて捨てられていたのがおかき。 ねこの話を娘たちにすると、次女が拾ってきました。

我が家の一員になったのは1986年7月のことです。まだめがあいたくらいでミルクも一人で飲めませんでした。これは何日経過した頃の写真家ちょっと分かりません。

おかきはとてもかわいいねこでした。壁を天井の変までよじ登るのが得意。スパイダーマンと呼んでいました。

以前にこのブログに載せたおかきの思い出のアルバムです。この間に入る写真です。

上の写真は1988年3月20日の撮影です。

おかきはクルマの上にいます。この頃はたぶん気に入らないねこたちがやって来ていたと思われます。この場所は誰にも邪魔されないおかきの場所だったのでしょうね。

| | Comments (0)

October 09, 2007

思い出の写真

キャンディとチョコ

キャンディとチョコの付き合いは悪くありません

でもね、下の写真を見てください。

チョコとおかきとなるとどうでしょう? おかきは、キャンディもチョコも嫌っていました。

ねこたちが、いやがるのを承知で写真を撮ろうとする私。

中におかきを入れてみましたが、すぐにおかきはいたたまれず・・・

ははは、いやだーいやダート言う悲鳴が聞こえるようですね。

おかきは、次女が結婚すると、府中の新居に引き取られていきました。新しい生活が始まって間もない頃迷子になり、3ヶ月の放浪の旅の末、ちゃんと娘の家にもどることができました。

三匹目として我が家で生活するようになったチョコは、キャンディが死んでさびしがるかと思ったのですが違っていました。今の生活がチョコは気に入っていると思います。

| | Comments (0)

October 08, 2007

爪研ぎの上

今日は夫婦でチョコのために爪研ぎを買ってきました。中身だけ替えました。チョコはもう大変な気に入りよう。とても居心地良さそうにしています。

それにしてもチョコの目ヤニが気になります。目薬をさすのをとちゅうでやめてしまうからいけないのですね。でもチョコは目薬が大嫌い!困ったものです。

孫のY子からチョコの写真を送ってと言ってきたのはもう二週間以上前のことです。私が携帯メールができるようになってメールをしたら、返事が来ました。写真も一人で写したことがないのに、もちろん登録も添付も初めてのことでした。でもできたのです。ちょっとうれしいことでした。Y子からは、かわい~い!と返事が来ました。でもまた宿題です。眠った写真が欲しいと言ってきました。

眠った写真を写しましたが、何故かくらくなりました。そしたら気に入らなかったようです。写真を明るくしたり携帯でもできるのかしら?

最近またメールが入り、新しいチョコの写真を欲しい!とのこと。送りました。今日は爪研ぎの上で眠った写真も撮れたので、写メールしましたが、またもやくら~い写真です。

一人暮らしの社会人の孫に携帯の相手をしてもらっています。写真の返事はまだ来ません。と書き終わったところにY子からありがとう~♪というメールが入りました。チョコの余談。

| | Comments (0)

October 07, 2007

10月6日のチョコ

Tさんのそばがチョコは好き?

朝食の時チョコはTさんのとなりにちょこんとすわります。最近はあまり「頂戴」、と要求をしなみたいです。だまってよりそってすわっている。それだけで、happyに見えるチョコなのです。

Tさんの朝食をわけてもらわなくていいのかな?

チョコはもう朝食を食べたあとです。近所の玉三郎が食べなくなったドライフードをもらってから、チョコが美味しそうに食べるのを見て、同じような種類のドライフードをたくさん買ってきました。今はまだ以前の残りと混ぜて食べさせています。チョコが美味しそうに食べるのを見るとうれしくなるのですが、ちょっと油断すると吐いてしまうから、少しずつ食べさせています。

                     

以前ほど食べたいと思っていないようです。Tさんの隣にいるだけでしあわせなのかも。

| | Comments (0)

October 04, 2007

チョコを写す

おかきは2005年1月に18歳半で、キャンディは2006年2月に15歳半で死んでしまいました。そのこなりに、天寿をまっとうした死でした。

残ったのはこの子、チョコです。チョコは目やにが出るのが気になります。ご飯をがつがつ食べて吐いてしまうので、一回に少しずつ食べさせています。食欲はあって、ないて食事を要求要求します。そのときおちょぼ口になるのがかわいい、と思う私。

チョコが私がパソコンに向かって座っている椅子に座っていました。写真を撮ったら、ソファに移動しました。

チョコは運動神経があるのかな?今年7月頃、13歳になりましたが、動きはまだ敏捷です。ときどきびっくりするほど家の中をかけめぐります。居間の窓際のソファの上から、玄関を通って2階まで、すごい勢いで2,3往復するのです。確かに寝ている時間は長くなりましたが、その激しい動きを見ると、チョコはまだ若い!と思ってしまいます。

写真を撮るとき、私の方を見てくれないので、チョコ、ご飯よ!と言ってチョコがおちょぼ口になるのを写したかったのですが、夜は動きのある写真はぶれてしまって無理ですね。

| | Comments (0)

October 01, 2007

昔の写真(キャンディとおかき)

今日はおかきの写真から。随分若い頃のようにみえますね。

こちらはキャンディ 玄関の前です。

ほとんど同じ場所です。向きを変えて写しただけ。きっと同じ時に写したもの

キャンディの目は随分大きいですね。キャンディは若い頃家出をしました。

どこでどうやって暮らしていたのかわかりません。あきらめかけていたときにひょっくりかえってきたのですよ。その頃はキャンディも元気に暮らしていました。

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »